歯周病菌によって全身に様々な病気を引き起こす危険性があります。
歯周病菌は、全身に様々の悪影響を及ぼす怖れがある事が研究によって判明してきました。
健康の為にも歯周病予防の為に<年に1回の歯科の受診>をお勧めいたします。

@ 心臓病
体の免疫システムが低下している人で、心臓の弁に障害がある場合、心臓に細菌が入ると心内膜炎を引き起こし、心臓発作を起こす危険性が高まります。

A 糖尿病
歯周病菌が出す毒素がインスリンの働きや血糖値の調節を阻害します。そのため血糖値が上昇し、糖尿病の改善のさまたげると考えられています。糖尿病の人は歯周病が起こりやすくなります。

B 早産
胎児は羊水中のプロスタグランジンが一定量になると生まれる為、歯周病菌の毒素もプロスタグランジンを造り出す為、早産を引き起こすことがあります。

C 肺炎
食物や唾液と共に飲み込んでしまった歯周病菌が気管や肺に間違って入り込み肺炎を起すことがあります。

D 血管障害
歯周病菌が動脈壁に到達すると動脈硬化を促進する原因になります。できた血栓が心臓や脳の血管で詰ると心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険も。

蛭間歯科医院  〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12  ライオンズステ−ションプラザ両国1F
TEL03(3634)6480 FAX03(3634)6484