歯は、消化器官として栄養物の吸収を良くするだけでなく発音を助ける働きや容貌の面でも大きな役割をしています。虫歯になったから、歯医者さんに行くのではなく、年に1度は歯の健康診断を受けましょう。
<第一の予防は年に1度の定期検診です。>
<C0> エナメル質がわずかに溶解し、歯の表面に、白濁部分が見られるが、へこんだ部分は無く、痛みも全く感じず、自覚症状無し。
この段階で見つけるのは難しいので、定期検診が重要であり、この段階の治療は、削る必要も無く、ごく簡単である。
<C1> エナメル質が溶解し、歯の表面に、茶や黒い部分が見られ、、痛みも全く感じず、自覚症状無し。
この段階では、フッ素塗布、ブラッシング、患部の殺菌、対酸性コ−ティング処理をおこなう。
<C2> 象牙質まで侵食し、冷たいものなどを口にいれると、歯にしみる感じがするようになり、進行するにつれて、熱いものまでが、しみるようになる。
<C3> 病変部が歯髄まで到着し炎症もおこる。脈をうつように、ズキズキと激しい痛みを感じ、歯の頭部がへこんだり、削り取られたような状態にいたる。
<C4> 歯冠部がなくなり、歯根の周囲が化膿する場合もあり、歯髄が死んで痛みは感じなくなり、歯根の先に炎症がある場合は、噛み締めると痛みがあるようになる。

(1)エナメル質:歯冠部をすっぽり覆って保護する層。体のどの部分よりも硬い。
(2)歯肉:歯ぐきとも呼ばれ、歯と歯肉の間から侵入しようとする細菌から保護する。
(3)象牙質:歯の本体となる部分。
(4)歯髄:血管や神経が密集している。歯が痛むのは、ここに達している。
(5)セメント質:歯根の表面を取り囲む薄い層。歯と歯根膜を結び付け歯に栄養を取り込む。
(6)歯槽・歯槽骨:セメント質と歯槽をしっかりと結び付け、クッションの役割。

〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 ライオンズステ−ションプラザ両国1F
TEL03(3634)6480 FAX03(3634)6484